食卓革命!国産丸大豆醤油使用 飛騨伝統とうがらし入り醤油

トップページ

サイトマップ

カートを見る



とうがらし入り醤油とうがらし入り醤油



とうがらし入り醤油
あじめ唐辛子(福岡町)

 郷土の気候風土が育んだ福岡町の飛騨美濃伝統野菜あじめ唐辛子は、付知川の伏流水の湧き出る所に生息するアジメドジョウに似た細くて、形の揃ったものを選抜してきたことから、あじめ唐辛子と呼ばれています。本品は、あじめ唐辛子の未成熟(青)と成熟(赤)の姿を充填し辛み成分であるカプサイシンで料理を美味しく、からだにやさしいこだわりの調味料を創作しました。 焼おにぎり、冷奴、生たまご、炒飯、炒め物、焼物、漬物、煮物、鍋物などにご使用下さい。
カプサイシンには脂肪を燃焼させる働きがありダイエットにつながります。

 

とうがらし入り醤油 唐辛子に含まれる成分「カプサイシン」が、老化や生活習慣病の原因となる「細胞死」(アポトーシス)を抑制することを、名古屋市立大大学院医学研究科の岡嶋研二教授、原田直明助手らのグループが発見、英科学誌「ニューロファーマコロジー」に論文を発表した。(唐辛子を食べることは、アンチエイジング(抗加齢)につながる」としている。
細胞死は、がん細胞など不要な細胞の除去や、正常な器官形成のために必要な「細胞の自殺」。ストレスなどが原因で、細胞死が過剰に進むことで、細胞数が減少したり、臓器の機能が低下したりして、老化が促進され、生活習慣病に陥るとされる。

岡嶋教授らは、実験でマウスの皮下にカプサイシンを注射すると、細胞死を抑えるタンパク質 IGF-Iの量は、肝臓で三倍、血中で四倍、心臓や脳、胃や小腸でも二倍以上になった。

また、カプサイシンを摂取することによる刺激が知覚神経に伝わることで、神経の末端からアミノ酸の複合体「 CGRP」が放出され、CGRPが若い細胞に働きかけてIGF-Iの生産を促進する−というメカニズムも分かっている。

岡嶋教授らのこれまでの研究で、カプサイシンを肌に塗るとシワやたるみが取れることが分かっている。カプサイシンを多く含む唐辛子は、老化予防に有用としている。

とうがらし入り醤油 とうがらし入り醤油 とうがらし入り醤油

とうがらし入り醤油

飛騨伝統 とうがらし入り醤油
内容量 150ml

ネット通販価格 1本 380円(税込)送料別

発送可能時期:通常1日〜4日以内